「自信を失う女性」と「自信を失わせる女性」の共通点

コミュニケーション

エグゼクティブコーチの

北原万紀です。

女性の部下であるあなた

女性でリーダー役のあなた

どっちのあなたで読んでくださっていますか?

 

これは私が昨日ライブ配信で話した内容ですが

ライブ配信では話していないことがあります。

もし、あなたが

 

自信を失いやすい女性だったとしても

自信を失わせている女性だったとしても

たった一つのことだけ押さえておけば解決します。

 

動画はこちら(20分)

 

と言っている私も、どちらも経験してきました。

たくさん傷ついてトイレで泣いたこともあれば

心がついていけなくなって病院に通ったことも。

 

ひどい時には、会社にいけなくなって

薬を飲んでしまっていました。

 

心療内科に通って、セラピーのようなものを受けました。

でも、正直言って根本の解決にはなりませんでした。

 

私は、心療内科に通って、セラピーが悪いとか

効かないと言いたいのではなく

私にあっていなかったんです。

 

なぜなら、一時的には緩和されるけれど

同じ状況下において

私は同じ反応しかできず

結局「状況を避ける」しか手段を持たなくなり

「自由」の反対にある「不自由」の中で

人生を歩むことになっていったからです。

 

また、私のような人を

もう一人も出したくないなと思い始めても

人を傷つけたり自信を失わせてしまうこともあります。

 

「被害者も加害者にもなりたくない」

人が成長する現場では、

こういうことが日常茶飯事ではありませんか。

 

私は「平和」や「自由」という言葉には

少し補足が必要だと考えています。

 

こういう言葉を使う人に限って

極端な理想主義者です。

現実の問題解決に具体的手段を持ち合わせず

願うだけの信仰にすがってしまいます。

 

私は「祈り」とか「願い」が持つ力は

一定の理解が進んだ方々向けの講座では

お伝えをするようにしていますが

 

一定の理解が進んでいない方には

むしろ話をしません。

 

なぜなら、「幻想」に生きて

むしろ「苦悩」を生み出している方々は

それを都合よく受け取ってしまうから。

 

 

私がなぜこういうことを

はっきり言うかというと

その渦中にいたのが私だからです。

 

 

その出逢った学問が人間行動学です。

その学びでこの状況が劇的に変わっていきました。

 

 

ライブ配信で

「自信を失う女性」と「自信を失わせる女性」という

わかりやすい対比でお話をしましたが

 

・「感情で動く」、「感情で動かす」

・「事実ではなくジャッジメントで会話する」

 

 

これらは本当に負の連鎖を起こします。

 

メンタルトレーニングができていないと

こうしたコミュニケーションを

取ってしまいがちです。

 

 

大事なのは「事実に向き合うこと」なんです。

 

・「感情で動く」、「感情で動かす」

・「事実ではなくジャッジメントで会話する」

 

この連鎖を自分で止めて

あなたも相手の人も

本来のパワーに繋がれるよう

コミュニケーションできる女性が

増えて欲しいと思っています。

 

それが、この社会を変えていく

小さな小さなアクションの一歩ですし

後進に続く女性、

子供のためでもあるからです。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。