理想のビジネス・リレーションシップ

コミュニケーション
最近はビジネスパートナーのコンサルテーションが盛り沢山。
以前なら90分かかっていたことが、今は20-30分程度で終わることもあります。
そして、ビジネスパートナーとやるコンサルテーションは、常にお互いの状況を共有しているので、クライエントさんとやるようなワークやエクササイズをやる必要がほとんどないです。お互いに定期的な結果を見れば明らかで、とにかくフィードバックも次のパフォーマンスに直接現れます。
ポイントはシンプル。
・自分に正直になる
・人に謙虚になる
・心を開いてお互いのゴールを共有する
・お互いにコントロールを手放す
・お互いの可能性や潜在的な力を信じる
・どんなことがあっても愛する
・とにかくゴールと使命に純粋であり続ける
・潜在意識や無意識に任せる
私は従業員がいる事業者ではありませんが、「ティール組織」や「奇跡の経営」にあるような、私が理想とするビジネスリレーションシップを追求している最中です。
「これを死ぬまでやり続けたい」と思っていたことが、今できていることに心から感謝。
3年前には異世界でしかなかった景色。
夢とは叶えるものではなく、瞬間(いま)生きるもの。
夢とは現実はイコール。
今見えているビジョンですが、
3年後にその中に生きていることに確信しかありません。
不確実性の中に生きている私たちの中にある
「確信」や「直感」とは何でしょうね。
この問いに、生き様で答えたい。
言葉で語るのではなく、人が語り出せば本物だと思っています。
一歩一歩、日々精進させていただけるご縁に感謝。
前職で勤務した米系企業で
「組織は生命システム」と
メキシカンのトップにメールで伝えていた自分を思い出しました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。