4/25(土)午後2時LIVE配信 【激動の中にある秩序(軸)の見つけ方】

ブログ

今回のLIVE配信では、下記テーマをお話しします。

・人生の景色/ビジネスの景色は常に移り変わる

・失ったものへの喪失感の解消法

・失ったスペースにクリエーションする方法

LIVE視聴の登録はこちらから↓

https://zoom.us/webinar/register/WN_OnPsbLEmQXC8Cr3nqXpr4w

私のセッションや講座ではDr. ディマティーニの13の質問を使用して、あなたが持つ現実世界(リアリティー)の景色を探っていきます。もともと価値観を特定するツールとして提供していたものですが、この質問への答えることで、あなたが生きる現実(リアリティー)が、現時点でどのようなものであるかを知ることができます。
 
あなたが持つ現実世界(リアリティー)を変えていくには、今どのような景色なのか、それをどのように変化させていきたいのか、両方を知る必要があります。

次回のLIVEの前に重要な点を予習用で下記にまとめてみました。今回、13の質問を私独自のカテゴライズで、大きく4つに分けています。脳科学やNLPなどを参照すれば、もっと解像度高く、学術的に描写できると思いますが、初めての方にも手に取りやすいかどうかを重視してやっているうちに、このようなカテゴリーになっています。深く学びたい方や興味ある人は直接Dr. ディマティーニの13の質問から始めるといいと思います。

13の質問はこちらから:http://styledot1.com/2020/02/09/valuefactor/

STEM  (Space, Time, Energy, Money)

時空間とエネルギー、そしてお金というエネルギーの現実世界での交換手段、以上の4つから成り立ちます。目に見えやすく、数値での計測など可視化がしやすいため、客観的に観測しやすく、あまり嘘がつけませんね(笑)。この4つを変化させることで人生は簡単に変わりますし、人生が変わると、自ずとここに出てくるものが変わってきます。こんまりさんの片付けは「空間:Space」を扱うものと理解しています。ファイナンス系のアプローチは「お金」から人生を変化させていくものです。

ただ、このSTEMは比較的制約を受けやすい領域でもあると考えています。なので、私は次に説明する「言語」に注目をしています。

言語(自己内対話・思考・外的対話)

私がコンサルテーションで得意としているのがこの部分です。ただし、自分で得意としながらも、アプローチが難しい領域でもあるとも思っています(笑)。なぜなら、計測が出来ないもので、個々人の独自性が強いからです。また、クライエントさんが「嘘」をつけてしまうので、実態が確認しづらいんですね(笑)。私自身、北原万紀が、嘘をつかずに話してもらえる人物であるのかにも結構左右されますね(笑)。ご本人は嘘をついているつもりではないのですが、人間は変化が嫌いなので、無意識的に「防御反応」が出て、本音が出にくいことは往々にしてあります。なので、無意識に防御が上がっているな〜というときは、無理してやらないことです。

ただ、表情や全体から感じ取るもので、心を開いているかどうかがわかるものです。なので、話していると、うまく行く行かないはある程度わかります。準備ができているかどうかと言っても良いかもしれませんが、新しい世界に心を開くかどうかですね。心を開くというのは、文字通りです。(同業の方向けのアドバイスですが、自分が心を開いていれば、相手は勝手に開いてくれます)

心を開いて出てきたあなたの言葉というものは、もの凄いパワーを持っています。魔法と言えるくらいのアファメーションです。良し悪し関わらずして、あなたの人生を構築している設計図みたいなものです。

あなたが持っている言語空間の威力は凄まじいものがあります。あなたのポテンシャルエネルギーには、認識、つまりわかりやすく言うと「言語」が与えられることで、そのエネルギーがどのように物質化するかが決まります。そのため、あなたが自分自身にどのように問いかけし、事象をどのように認識して描写しているかが、あなたの現実世界を創造するための源(ソース)です。思考が現実化するとか、言葉が世界を作るというのは、この部分になると理解しています。

この自己内対話・思考・外的対話で使用する言語に通るエネルギーが一貫してくると現実の実現のスピードは非常に早くなります。ただし、要注意なのが、それぞれのプロセスで使用する主語や世界観が異なることです。そこを少し見て行きましょう。

まず、自己内対話の主語は「あなた自身」です。つまり自分(I)の世界です。あなたの願望、欲求がベースです。ここに気づくことなくして豊かな創造(クリエーション)はありません。

そして、思考では他者(You)との繋がりで物事を観ます。このYouの対象は一人ではなく集団や組織の場合もあります。そして、人間であるとも限りません。本当に無限なものの見方ができます。観点というものです。人間ではない対象から見た認識の視点も含みます。日本の八百万の神という世界観は、それだけの観点を持った世界観です。

最後に、外的対話は、あなたが「誰か」に向けて発するエネルギーの最終形ですが、人同士であれば社交の場だと考えてください。人といつもどんな話をしているのか。創造(クリエーション)を前提とした場合、対話の主語は私たち(We)が主語になり、私が多用している「Synergy(シナジー)」が起きる感覚です。仲間とゴールを共有する、夢を共有する、ビジョンを共有するということです。自分の願望があたかも他力で動かされている感覚が得られるでしょうし、相手から見ても同じ景色に見えるはずです。

さらに抽象度が上がってくると、まだ見ぬ存在(自分のオリジナルの概念)に対しても同じ感覚を得られるようになり、人智を超えたようなものに運ばれる体感が得られると思います。

視覚

上記の言語よりも、空間や視覚的イメージ優位の方も多くいます。どちらかと言うとクリエイティブな人や仕組みを作ったりする人は、こちらから入った方がいいのかもしれません。コンサルテーションをしていても、図を多用しながら話す方がうまくいく方は多くいらっしゃいます。そういう方には、その図や方向性などに「名付け」をしていきます。文字通り「言葉」を与えるんです。

そして、言語の領域でのコンサルテーションを重ねている人は、最初は見えなかった視覚的なビジョンやゴールが見え始めることがあります。とっても良い感じな証拠だとお祝いします(笑)。

規律・秩序・統制

ある意味、「偉大な執着」とも呼べる「こだわり」です。あなたの世界観や現実世界にある「神性」を紐解くための鍵です。新しい情報やコンテンツをどのように情報処理しているのかのパターンを紐解くものです。これが神業なんですよ〜〜。本当に素晴らしいものをみんな持っています。

いかがでしょうか?

何れにしても上記4つのカテゴリーは相互に関係し合っているので、どれが良い悪いでもなく、取り組みやすいところから始めてOKです。今日は13の質問を4つのカテゴリーで説明しましたが、関係性が自覚できると、自分の無意識にあるものが、どのように行動や人との関わりに影響をおぼしているのか、そして「人生」を形作っているのかが肚落ちします。他者のラベル、「才能」や「能力」というものに悩まなくなりますし、「自信」というものすら考える必要なくなります。文字通り、自分の人生の手綱を握っていくということです。

抽象度を上げていくと、まだあなたが認識していない存在の力を扱えるようになりますが、それはまた別の機会にしましょう。今回の内容が体感で落ちれば、すぐできることですから。焦らずに〜〜〜。

繰り返しになりますが、

4/25(土)午後2時からの無料LIVE配信 【激動の中にある秩序(軸)の見つけ方】です。

今回のLIVE配信では、下記テーマをお話しします。

・人生の景色/ビジネスの景色は常に移り変わる

・失ったものへの喪失感の解消法

・失ったスペースにクリエーションする方法

あなたのスペースに存在しているエネルギーをどのように認識しているのか、どのような電荷を与えているのかを紐解くと、変わりゆく景色に一喜一憂しなくなります。今回のLIVE配信では、あなたのマインドの中にある電荷を対消滅させて、新しい現実世界を構築するために必要な「空(くう)」を扱うものです。「有」と「無」を包摂する「空(くう)」の概念については、般若心経がオススメ。

4/25(土)午後2時からの無料LIVE配信 【激動の中にある秩序(軸)の見つけ方】

登録はこちらから

https://zoom.us/webinar/register/WN_OnPsbLEmQXC8Cr3nqXpr4w

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。