夢を生きるか幻想に取り憑かれるか

セルフマネジメント

今、何年くらい先のビジョンまで持てていますか?

「引き寄せ」なんて言いながら、実現したいことのイメージを脳内ではっきり見てから実現までのスパンが3ヶ月程度のものからスタート。少しずつ伸びて、それでもこの春までを振り返ると、いいところ1年程度で実現できるほどのビジョンしか明確にはイメージできていませんでした。

当時の自分には実現の方法やプロセスがわからないものでも、振り返ると、そう難しいことではなかったということです。

もし自分に実現する力があるか自信が持てない方は、ダイエットとか肉体改造など、目に見えることで始めることをお勧めします。ダイエットや肉体改造はその手法も随分一般的に普及していますし、目標の実現には脳内に分泌されるホルモンが非常に重要です。自己変革を起こしていくのに心身の健康は土台になりますから。(東京と福岡でしたらおススメのトレーニングスタジオやトレーナーさんをご紹介できます)

体脂肪率が20%以上の方なら、3ヶ月あれば35%程度は落ちるでしょうし、スクワットであげるウエイトの重さや、運動量も十分に変化を感じられるはずです。ボディメイクで得た達成感や自信を他の目標達成に応用し始めていくと、うまくいくことも多いかなと思います。

女性は外見の変化で自信を取り戻す人も多いので、メイクやファッションなどでそのきっかけを得てもいいでしょう。中身を見てもらうためにも、外見が最低限の条件を超えていることも重要です。それは姿形ではなく「気を遣えているか」というレベルです。相手にとっての不快感や不信感を持たせない程度の気遣いができているかどうかで、目立つ必要もありません。もちろんセンスの良さはプラスになることもあるかもしれませんが、わざとらしい演出とセンスは別物だと思います。

私は外見を整えることを専門にはしていませんが、ある程度のTPOを考えられることは女性の知性として得ておきたいと思っています。知性ある素敵な女性の先輩たちを見ては、そう思う日々です。特に最近素敵だなと思ったのは、すべて60代の女性ばかり。この歳になると積み重ねたものが出るしかありません。外見にでているオーラが人格そのものなので、本当に純度が高いダイヤモンドのようです。若さにはない、純粋な気品ある美しさです。

また女性がいることで空間に華やかさを添えたり、場の空気を変えることは十分にあります。わたしはそれがすべてとは思っていませんが、女性特有の価値として大いに活用したらよいのではないでしょうか。大げさであると品がないので、「さりげないけれど惹かれる」という定義のしようのない域を研究し尽くすのもいいなと思います。それは一種の「道」にすらなり得る領域です。

話が逸れましたが、以前の私は「fantasy(幻想)」が大好きな夢見る夢子ちゃんで、大きな夢や目標を抱くことはないけれど、「こうだったらいいのに」、「ああだったらいいのに」を実現する努力もせずに脳内で夢見るのが大好きでした。それはそれで幸せですので、お好きな方はご自由に。笑

ただ、肉体を持って生まれたこの人生で、fantasy(幻想)ではなく現実として、自分が見た夢の中を生きてみたくないですか?

私は少しずつですが、その感覚を得てきているので、その仲間を増やしたいと思っています。世の中には私以外にもこうしたことを教えていらっしゃる先生方もいますので、その方々から学んでもいいと思います。私も少しずつですが、私が学んできたこと、自分が適用してうまくいったことは人にお渡ししていくつもりです。

周りの方には時々「あなたは実力とかけ離れた理想を持っているから考え直した方がいい」とか、「君は女だから、今までたまたま周りの男性に依怙贔屓をされてうまく行っている」という厳しい声もいただきます。

ある友人が私にこんな言葉をかけてくれました。

「どんな声も、君がそれを事実として受け止めるまでは事実にはなり得ない」

実際には英語だったのですが、その言葉に思いもかけず、朝から大号泣してしまいました。

(完全に別れ話のカップルに見えていたと思います。笑)

確かに実力とは大きくかけ離れた理想を持っているかもしれませんが、考え直すのは少しやってみてからでも遅くないと思うので、また新しく設定した目標に向けてやってみようと決意。

今見ているビジョンはこれまでの1年とかではできないだろうなというものばかりです。想像だけでもその大きさに自分が圧倒される感覚はありますが、それを1 年とか3ヶ月とかのレベルに落とし込めば、今では不可能ではないのだと思えるようになりました。

私を押しつぶしそうになる心無い言葉たちには、今では感謝できるようになっています。

この声で立ち止まるくらいなら、その程度の覚悟でしかない。たいしてやりたいことでもないのだろうなと。

刃のような言葉から、私は強さを引き出してもらってきたなと、今では感謝しかありません。

これからまた出会う人や学びに感謝しながら、ビジョンを大きく育てていくことが楽しみです。100年、300年、1,000年先までビジョンを持っているという人たちはどんな感覚なんでしょう。

その感覚を自分が得て、伝えられる日が待ち遠しいです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。