真の意味は目的地からみないとわからない

イベント情報

ミセスインターナショナル2018ミズダイヤモンド部門グランプリで、ミセスインターナショナル佐賀・福岡大会のエリアディレクターである井雅代さんと博多のホテル日航にて。

ミセスインターナショナル大会ホームページ

ミセスインターナショナル佐賀・福岡大会(私のインタビューよかったらご覧ください)

1年前の大会を終えてから、半年足らずでエリア大会を発足させた雅代さんのエネルギーと求心力、それだけでなく、細部まで関わる人たちすべてに送る気遣いと愛情は、私が理想とする女性リーダーが持つ特性の一部。

1年前はコンテストのステージ上の話をしていましたが、今はコンテストを通過点にした女性たちが、自分自身を成長させながら社会貢献できる在り方は何かについて、真剣に考え話しています。

ある出逢いが人生を変えるほどの意味を持つかは、その物事への「関わり方」。

「どう意味づけしているか」だと思います。

よく「あれは私には意味がなかった」という人がいます。

私たちはどんな状況においても、目的地を定めていれば、目の前の事象から学びや気づきを得ることができます。

出来事自体に意味はなく、そこにどう意味づけするかは、私たち自身が設定している目的地から見た景色が今どうあるかだけです。

ミセスインターナショナルの大会を終えてから、雅代さんとは「大会への出場」や「受賞」ではない、もう一つ先の目的地を共有できる同志です。

親子ほどの年の差と言われればそうかもしれない。

でも、同じ女性であること、日本人であること、そもそもが1人の個性を持った人間であることの尊厳は変わりません。

目的地が同じ時、年齢なんて関係ないです。

むしろ、目的地に向かうためのお互いの生かし方を考えます。

若さが価値になる時期や場所もあるでしょう。

でも若さという価値は、目的を定めたチームの中では一つの個性にしか過ぎません。

ありのままで、あなたらしく美しい影響力を発揮してください。

世間の声や世の中の常識に、あなたの輝きを曇らせさせてはいけません。

雅代さんとは今後のお話ができて非常に充実した時間を過ごす事ができました。

分刻みのスケジュールをこなすお忙しい中、お時間をいただき感謝です。

418日はいよいよミセスインターナショナル2019日本大会。

2018のファイナリストの任期を終え、次のファイナリストの皆様にバトンをお渡しするような気持ち。

本番が楽しみです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。