心の柔軟性

セルフマネジメント

こんにちは。

女性本来の美しさと影響力を引き出すスタイルプロデューサーのMakiです。

運と出会いを引き寄せる美しさの法則について、このブログではお伝えしていきます。

Ms Hope International という世界タイトルをいただくことができた私は、何か特別なことをしていたわけではありません。

20代までは、冷え性・アレルギー・偏頭痛・不眠・月経不順・不妊・体重増減のリバウンドだけでなく、メンタルも不安定で、心療内科・漢方・婦人科などで投薬治療を受けていました。30代では、人間関係、仕事、家族、お金を同時に失う経験もしました。

でも、今の私は、私が人生の目標に近づくためのチャレンジと、それをサポートしてくれる人たちの両方に恵まれ、全てを失った経験から世界グランプリまでを翔け上がることができました。

そのエッセンスをこうして女性の皆様にお届けできることが心から嬉しく、今回も読んでくださる貴女の存在が、私の人生において「女性本来の美しさと影響力を引き出す」という使命を与えてくれています。

心から愛と感謝を込めて。

———————————————————————

 

私は、自分のことで昔から両親から言われ続けてきたことがあります

・要領だけがいい

・長続きしない

・笑わない

・ツンとしている

・努力できない

・体が弱い

・肝心なところですぐ折れる

・読書ができない

・すぐ行動できない

などなど、キリがないですが、こんなものです。

それを大事に大事に大人になるまで信じていました。

それがあたかも自分のように。

これがすべて、そう思い込んで見ている両親のフィルターによって切り取られた、「私」という存在の一部でしかないことに気付くまでに時間がかかりました。

人は「現状維持」が好きなので、(というよりは、生命維持のためにそうプログラムされているので)、変わりたいと思っても、理想に向かう過程で元に戻したがる働きが生じます。

そして、自分がどれだけ嫌だと思っている現実があっても、実はそのメリットをどこかで知っているのです。

「変わりたいのに変われない」

そんな自分を責めて辛くなるよりはいっそのこと、

「そういう機能があるんだな。」

「だったからそもそも偉大なことに取り組んでいる!」

くらいに馬鹿になった方が要らないストレスを溜め込まずに済みます。

「変わりたいのに変われない」

この概念に囚われている人がもしいらしたら、まずは「変わらなくていい」という概念でバランスをとりましょう。

バランスをとりながら、貴女が貴女らしくいるために、まずは考え方と心の動きに柔軟性を持たせていきましょう。

同じ瞬間はなく、この世界は変化し続け、誰も止められません。

抗えない流れを諦めと脱力でクスッと捉えてみるのもおすすめです。

貴女自身が流れに乗ること、流れを作るためには、心の鎧を脱ぎ捨て、身体のテンションをほどくことが必要です。

囚われていた思考を手放し、ただ、眺めてみるといいでしょう。

運も出会いも、「取りに行く」のではなく、そんな貴女に流れてくるだけです。

どの流れに身を置くか。

そんな話はまた別の機会に。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。